風呂敷を日常に取り入れる

お土産や重箱などの箱もの

風呂敷で彩る身の回りのいろいろなものを包んだりすることのできる風呂敷は、
利便性やエコなどの観点から人気になっています。

いろいろな使い方をすることができますが、風呂敷といえば
重箱やお土産など箱になっているものを包むのが鉄板です。

しかし、一言で包むと言っても様々な包み方があります。
まず、一番シンプルで格式が高いのが平包みになります。オーソドックス

主柄を奥にして風呂敷を裏返して広げ、包むものを中央に置きます。
奥の端をかけて仕上がりの主柄の見え方を確認したら位置を調整します。

奥の端を戻したら手前の端をかけ、端を包むものの下に折り込みます。
左端をかけ、角の重なりを整えながら右端をかけて、奥の端をかけます。

中身の幅に合わせるように調整して先端を下に巻き込んで完成です。
安定した包み方で持ち運びたいなら、お使い包みが最適です。

包むものを中心に置いたら、手前の端をかけて包むものの下に折り込みます。
奥の端をかぶせ、余った分は下に折り込みます。

左右の端を中央で真結びにして完成となります。
長いものを包むという場合には、二つ結びなどを行えます。

包むものを中央に置いたら、手前と奥の端をトップに持って行き、
トップで交差させます。

基本的なこと

手を持ち替えてそのまま左右に引っ張り、左方向に引っ張った
端と左端を真結びをして、右側も同様に行います。

結び目や全体を整えて完成です。
他にも包む方法はあるため、包むものの大きさや形状などに合わせて
包み方を変えることで風呂敷は便利に使えます。